【注意】アトピー性皮膚炎の人がハイフを受けるとどうなるの?

スポンサーリンク
ハイフアトピー ✔️ハイフ
悩

ハイフを受けたいけれど、アトピー持ちでもレーザーは大丈夫?

こんにちは、パミ(@eku.bo0825)です😊💕

アトピーの人は「医療レーザーでのハイフは難しい?」「そもそもハイフができるのかな?」などいろいろな心配なことが多いと思います💦

わたし
わたし

今回は、そんなアトピーの人に向けて、ハイフを行う際の注意点やクリニック選びのポイントなどについてまとめてみました😊💕

この記事は、敏感肌のわたしが色々なクリニックでカウンセリングを受けて医師から聞いた話をもとに書いています💡

悩んでいる方のクリニック選びの参考になれば嬉しいです😊

合わせて読みたい

昔はアトピーだったが、今はもう治っている場合はハイフ可能!

わたし
わたし

結論から言うと、元アトピーの人(子供の頃や、昔アトピーだったが今は症状がなく治っている)はハイフを受けることができます✨

現時点でアトピーの人は、クリニックであってもハイフはおすすめされていません💦

クリニックでは医師がいるため、肌の状態をみてハイフするかどうかを判断することができるので、どうしても受けたい方はアトピーでない方よりも念入りにカウンセリングで肌の状態を見てもらう必要があります。

そのため、カウンセリングは今はアトピーが治っている人も基本的に必須🙄

ただ、エステサロンでのハイフとなると、元アトピーの人でも医師がいないためほぼ100%断られます💦

ハイフ中に万が一トラブルが出てしまった場合、エステサロンではすぐに対処できない(医師の診察を受けたり、薬を処方してもらいためには病院へ行かないといけない)ので、アトピーの人は特におすすめできません😫

クリニックでのハイフなら、炎症が強くなった、赤みが出たなど何かトラブルが起きた場合でもすぐに対応してもらえるので安心です🤔

悩

医療レーザーだと肌に悪い??

という噂を聞くこともありますが、レーザーは肌の奥の照射になるので元アトピーの人は特に問題ありません⚡️

ただし、赤みや炎症がひどかったり、アトピーが悪化した状態の時には照射しない方が良い可能性もあるので医師の判断が必要です。

なぜアトピーだとハイフができないのか?

わたし
わたし

アトピーの人がハイフができない理由はそもそものハイフの仕組みにあります😓

ハイフがアトピーに適さない理由

まずハイフの作用として、肌の奥にある筋膜にレーザーを照射することでダメージによって傷を作り、炎症を起こさせて、その傷を修復することで引き締め効果が出るという治療方法です😊

ここでアトピーの人にとって問題になってくるのが、一旦肌に起こさせる炎症にあります😅

アトピーは、皮膚に炎症が起きやすい疾患になるので、炎症ぎみの皮膚にハイフを当てることでわざと炎症を起こすという行為はアトピーを悪化させやすいリスクだからです。

アトピーの人は、レーザーにせよ注射にせよアトピーという疾患が悪くならない前提で治療を受けてもらうというのがクリニックの方針のようです🤔

わたし
わたし

なので、アトピーが悪化する可能性があることに関しては、あまりおすすめできないとのことでした・・・

アトピーでも照射できる機器は存在する?

わたし
わたし

残念ながら、アトピーでも照射できる出力の弱い医療用機器は存在しないようです💦

医療用ハイフは出力が強いので効果がバツグンに出るというメリットがあるので、いくら出力を下げたといっても、アトピーの人には肌への刺激が強すぎます。

だからといって、エステサロンで扱われているような出力の弱いハイフを照射すると、もっと炎症がひどくなったりと中途半端に終わってしまうので肌の状態が落ち着いてからにしましょう😓

医師の見解

悩

アトピーの人でもハイフを受けることができますか?

という質問に対する医師の見解はこちらです👇

湘南美容外科Dr
湘南美容外科Dr

現時点でアトピーの人はハイフで施術するのはやめておきましょう。

ハイフは意図的に肌の薄い層からSMAS筋という筋肉と皮膚の境目の深い層まで照射が可能で一時的に傷や炎症を起こさせ、肌再生することで引き締め効果が期待できるものです。

アトピーの症状が少なくとも出ている場合は、施術をおすすめすることはできません。

アトピーの症状に個人差はあるものの、肌が敏感で炎症が起きやすいという事実に個人差はないので、ハイフを受けることで、症状が落ち着いていた人もくり返したり、悪化させてしまう要因になりかねないからです。

「昔アトピーだったが今は症状もなく経過している」という方は、肌のターンオーバーも正常に戻っている証拠であり、ハイフを受けても炎症が起きる可能性は稀だと言えます。

よってハイフに関しては、現状アトピーの方は控えていただいた方が良いかなと思います。

アトピーでも、どうしてもハイフがしたい場合、カウンセリングで医師の許可が出れば受けることができる場合があります。

わたし
わたし

ただし、以下の項目にチェックが入る場合は受けることができないのでご注意を💦

アトピーでどうしてもハイフができないケース

わたし
わたし

どうしてもハイフを受けることができないケースがあるので説明しておきます👇

炎症がひどい場合

肌表面の炎症がひどい場合は、症状が治るまで待つ必要があります。

もしくは、炎症がひどい部分を避けてレーザー照射をするかの選択肢です。

肌をできるだけ清潔に保ち、食生活なども見直し良い状態にしておくことでハイフができる可能性は高くなります。

ステロイド剤を使用している場合

ステロイド剤の使用していると、免疫力が下がっている状態なので炎症が普段よりも起きやすかったり、光を吸収しやすくなってヤケドの原因となったりしてしまいます。

そのため、ステロイド剤の使用を終えて時間を置いたり、ステロイドの塗り薬を使っている場合はそこの部分だけ避けてレーザー照射することになります。

色素沈着が強い場合

かさぶたや、色素沈着が強い部分は、そこだけ避けてレーザー照射することがあります。

これに関してはアトピーの人でなくても当てはまります。

日焼けしている人もハイフができない場合があるように、肌に刺激が集中してしまう原因になるからです。

アトピーの人がどうしてもハイフしたい時の注意点

わたし
わたし

先ほどの話を知った上で、どうしてもハイフしたい時には、いくつか注意するべきポイントがあります。

特にコースなどの回数制で少しでもお得にハイフの契約をしたい場合は、クリニック選びの際にしっかり確認するようにしたほうがいいです😊

無料カウンセリングでテスト照射をしてもらう

実際にレーザー照射をしても大丈夫かどうかを確認するために、テスト照射が可能なクリニックも多いので、まずはお願いしてみましょう。

ほとんどのクリニックでは無料カウンセリングの際に一緒にしてもらうことができます。

心配な方は、肌を見う際に一緒に相談してみてください。

コースの有効期限をチェックしておく

肌のアトピーの炎症が出てしまうと、炎症が治るまで待つ必要があるので、有効期限の確認は必須です。

有効期限に縛られたくない人は、最初から単発での施術を選んでおきましょう🤔

▷▷単発で格安のハイフクリニックを探す

コースの場合は当日キャンセルが可能か確認しておく

先ほども書いた通り、アトピーの人は肌の状態が不安定になりがちです。

すると、予約前日や当日になってハイフできないということが起こる可能性があります。

クリニックによっては、前日以降のキャンセルに料金が発生してしまったり、1回分がそのまま消化になってしまうこともあります。

キャンセル料を支払って済むならまだしも、回数傷かとなるとせっかくの高いお金を払ったのに悲しくなりますよね。

他にもやむえない事情ならキャンセル料が取られなかったり、回数消化にならない場合もあるので、この項目についてもクリニックで事前に確認するようにしたほうが安心です。

▷▷キャンセル料が無料のクリニックから選ぶ

医師や看護師がいるクリニックでのハイフが安心安全

わたし
わたし

アトピーだけでなく、何かアレルギーがあったり、何かしらの怪我や病気で通院中、薬を使用している人は、クリニックでのハイフが安心安全です✨

一生ものの肌なので、何か問題があってからでは遅いです。

洋服のように脱ぎ着できるわけではないので、医師や看護師と行った医療従事者のいるクリニックで、肌の状態を確認しながら、確実に効果を感じてくださいね😊💕

何か参考になれば嬉しいです✨

では、また〜💕

コメント

タイトルとURLをコピーしました