ハイフ中の日焼けは絶対ダメ?日焼けしててもハイフできるクリニックはあるの?

スポンサーリンク
ハイフ日焼け ✔️ハイフ
わたし
わたし

「ハイフ中は日焼けを避けるように」とどこのクリニックやサロンでも言われますが、その理由についてはっきり知っておかないと思わぬトラブルに繋がる可能性があります💦

この記事では、

  • ハイフ中の日焼けは絶対にダメなのかどうか
  • 日焼けといってもどのレベルの肌色でNGなのか
  • 日焼けしててもハイフできるクリニックやサロンはあるのか

といったことについて詳しく説明していきます。

ハイフ中だけでなく、これからハイフするのに日焼けしてしまった、ハイフ後に日焼けしてしまったという人もぜひ読んでみてください😊

ハイフ中の日焼けがダメな理由

わたし
わたし

ハイフ中の日焼けが良くないとされる理由はいくつかあります。

ヤケドしたり、乾燥やメラニン増加で効果が下がる・痛みが増すなど、ハイフ中の日焼けは良いことがありません。

ハイフ前に「なぜ日焼けがダメなのか」知っておくことでしっかり対処しようという気持ちにもなるので、確認しておいてください。

ヤケドなどの肌トラブルにつながるから

日焼けした状態でハイフをすると、ヤケドや毛嚢炎といった肌トラブルが起こる可能性が高くなります。

ハイフする時には、レーザーや光の熱を肌の奥に伝えて筋膜を収縮させることでシュッと引き締め効果が現れます。

つまり、肌の奥の奥までレーザーを送り込んで熱を与えるのです。

この時、色が白い人だと、きちんと肌の奥や表面などアプローチしたい部位にだけ熱が伝わるので、ヤケドすることなくハイフすることができます。

反対に日焼けして色が黒くなっていると、メラニン色素がレーザーの邪魔をして熱が肌の中にこもってしまい、ヤケドに繋がります。

中には肌の表面のみにアプローチする仕組みのハイフ機器もあるのですが、これについては「日焼けしててもハイフできる機器があるところを探す」で後述します。

乾燥やメラニン色素の増加でハイフ効果が下がるから

日焼けしている状態というのは、いわば軽いヤケド状態です。

つまり、非常に乾燥しています🌥

また、見てわかる通り黒くなるので、メラニン色素が増加しています。

このような状態になると、レーザーの出力を十分に上げられなかったり、レーザーがメラニン色素に邪魔されて肌の中で分散するので、ハイフ効果が下がります。

ヤケドのリスクと理由は同様ですが、肌トラブルが起きるだけでなくハイフ効果も同様に落ちることになったり・・・。

かなりやっかいですね😓

レーザー照射時の痛みが増すから

肌にもレーザーが反応するということは、痛みがますということにもなります。

乾燥している痛みを感じやすくなるので、日焼けはやはりハイフ中は良くない🙄

痛みが苦手な人な特に、ハイフ中の日焼け対策はしっかり行ったほうがいいでしょう💡

クリニックでは痛みを軽減する麻酔クリームもありますが、これは基本的に通常の肌の人で痛みが苦手な人に痛みを軽減するために使うことが多く、日焼けした肌に麻酔クリームを塗ってもヤケドなどの危険性は消えません。

ハイフ中、前後に日焼けした場合の対処法

わたし
わたし

ハイフ中やハイフ前後に日焼けしてしまった、という場合の対処法についてお伝えします💡

いずれにしても早めに、通っているクリニックやサロンに相談することをおすすめします。

冷やす、保湿などでアフターケアをする

自分でできるアフターケアとしては、冷やす、保湿するなどがあります。

先ほどお伝えしたように日焼け時は乾燥して軽いヤケド状態なので、炎症を抑えるために早めに冷やしたり、保湿クリームやオイルで乾燥を防ぎましょう💡

クリニック・サロンに相談する

自分でケアをしつつ、必ずクリニックやサロンに相談してください。

例えば、予約を1ヶ月後に取っている段階で日焼けしてしまったら、一度見せにきてくださいと言われる場合もあります。

どのレベルの肌色で断られるか、ハイフできるかはクリニックやサロン、扱っている機器にもよります。

中には日焼けしたら1〜3ヶ月は休止期間となり、その後にまた予約が取れるようになることもあ流ようです。

日焼けしててもハイフしたい場合

わたし
わたし

日焼けしてしまったけど、どうにかハイフできないか?と思っている人に向けて、知っておくべきことについてまとめました。

ただ、やはりヤケドなどのトラブルが起きる可能性はゼロではないので、あくまで自己責任でしっかりクリニックやサロンに確認しつつハイフを進めてくださいね。

どのレベルの日焼け・色の黒さで断られる?

どのくらいの肌の色で断られるのかは、クリニックやサロンによるところが大きいですが、ぱっと見て日焼けしていなうところとの境目がはっきりわかる程度だとダメなことが多いです。

少し茶色くなった程度ならハイフできる可能性もありますが、真っ黒、明らかに日焼けしているという場合にはしばらく時間を置くか、日焼けしててもハイフできるところを探すことをおすすめします。

医療とエステサロンどちらを選ぶべき?

医療とエステサロンの大きな違いは、薬を使えるかどうかとパワーの強さ⚡️

医療ではいざという時に医者の診察や薬で対応できるため、パワーの強い医療用ハイフ機器を扱うことができます。

反対にエステサロンでは、そのような対応はないため、初めからパワーが弱めの機器を扱っています。

なので、安心感で言うとクリニックの方が勝っています。

施術するのは看護師もしくは医師できちんと免許を持っていますし、肌トラブルがあればすぐに診察を受けることができます😊

薬も無料のクリニックが多いので、「何かあったらすぐに対処してほしい」と言う人は医療・クリニックの方がおすすめ💡

エステサロンは安くて気軽に行けるのが良いところですが、ハイフは医療行為とされているので、あまりおすすめできないのが正直なところです。

日焼けしててもハイフできる機器があるところを探す

どこも一見同じように見えるクリニックですが、日焼けしててもハイフできる機器があるところとないところがあります。

日焼けしててもハイフできる機器は、肌の具合や部位に合わせて照射の深さやパワーの強さを細かく調整できるハイフ方法を選びましょう🤔

エステサロンには非医療用ハイフがおかれていますが、肌の内部を一時的に傷をつけて効果を出す行為は違法となるので、そもそもの照射パワーは弱く、細かい調整がきかない機器となっていて日焼け肌でも効果を実感しながら照射してもらうのには向いていません。

一方医療用ハイフでは「ウルセラ」などの照射パワーが強すぎるとされる機器は日焼け肌にはダメージが強すぎる機器なので、NGです。

反対に、「ハイフシャワー」や「ウルトラセルQ+」「ソノクイーン」などの機器だと、照射エリアや深さパワーの調節まで細かく調整できたりするものなので、日焼け肌でもOKということになります。

わたし
わたし

「日焼けしてもハイフできるクリニック」では、これらの機器に絞って紹介していくのでよかったら参考にしてみてください🌼

キャンセル連絡は事前にする

クリニックに通っている時に日焼けしたら、相談やキャンセルの連絡は早めにしてください。

当日キャンセルだとキャンセル料金を取られてしまうところもとても多いので、早め早めの連絡が大事です。

前日、当日キャンセルでなければ、無料で予約日時を変更できるところがほとんどです。

無理やりハイフに踏み切るとヤケドの恐れがある

ここまで日焼けしてもハイフしたい時に考えるべきことについて説明してきましたが、日焼け中に無理やりハイフに踏み切るのはあまりおすすめしません。

ヤケドした肌はなかなかもとに戻りにくいこともあり、慎重に進める必要があります。

日焼けしてても大丈夫な機器・ハイフ方法を採用しているところできちんと相談をして、リスクの可能性も確認してからハイフするかどうか決めてくださいね💡

日焼けしててもハイフできるクリニック

わたし
わたし

それでは、日焼けしててもハイフできるクリニックをいくつか紹介していきます💡

公式サイトでも肌トラブルへの疑問をしっかり答えてくれているTCB東京中央美容外科、部位や肌質をみながら決まった料金内で照射の深さやパワーの大きさなどを細かくカスタマイズして負担と効果のバランスを調整してくれる銀座よしえクリニック、医師が直接ハイフ照射をしてくれる聖心美容クリニックが個人的におすすめです🌼

肌トラブルへの対応が厚い「TCB東京中央美容外科」

TCB東京中央美容外科では、万が一の肌トラブルが出た時の対応について以下のように書かれています。

Q. 万が一、治療にトラブルが発生した際は・・・

A. 全て無料にて修正・回復・アフターケアを行います。各メニューの施術プランによっては保証期間を設けており、期間内であればご要望に応じて再治療を行うことも可能です。

「全て無料で修正・回復・アフターケアができる」とのことなので、一度カウンセリングなどで肌の状態を確認してもらってから、安心して施術を任せることもできます✨

照射に関するあらゆる面で調整がしやすい「ソノクイーン」を導入していますが、日焼けの場合は炎症が起きている状態なので、きちんと確認してから施術できるかを決定し、責任を持ってアフターフォローもバッチリ任せて下さいという方針です。

TCB東京中央美容外科では、全国展開されているのでどこでもアクセス◎、当日キャンセルも無料、料金も格安で効果保証付きだったり、わたし自身カウンセリングに行った時医師の対応がとても丁寧で安心できたので、日焼け肌だけでなく敏感肌など何かしたら心配なことがある人はTCB東京中央美容外科はかなりおすすめ😊💕

▷▷TCB東京中央美容外科ソノクイーン体験談

全顔ハイフ19,800円と格安「湘南美容クリニック」

湘南美容外科クリニックは、誰もが知っているクリニックだと思います。

大手クリニックなので症例数が多く、安心感があるのが良いところ✨

大手とは言っても、一人一人しっかり丁寧に診察してもらえて、院数もダントツで多いので通いやすいのが魅力的です🤔

肌の状態を見ながら出力を最低ラインまで落としてハイフすることが多いようですが、扱っているハイフも「ハイフシャワー」や「ウルトラセルQ+」など細かい調整がききやすいハイフ機器を2種類もあるかっているので効果を実感しつつ、肌の負担を最小限に抑えながら照射してもらうことが可能です。

いずれにしても、さまざまな悩みを持った患者さんを受け入れてきているはずなので、一度相談してみることをおすすめします。

▷▷湘南美容クリニックハイフ体験談

とにかく肌に優しいハイフができる「銀座よしえクリニック」

銀座よしえクリニックは、銀座、品川、大岡山、新宿、表参道、都立大院と、東京を中心に展開しているクリニックです。

銀座よしえクリニックで導入しているハイフ機器は最新機器の「ハイフシャワー(ウルトラフォーマー)」というもので、ハイフの照射パワーや深さ、照射エリアやショット数など部位や日焼けの状態に合わせて要望に沿ったカスタマイズが全顔44,000円の料金の中でできるので、負担と効果のバランスを調整しながら施術を進めることができます。

なかなかここまで細かく調整してくれるクリニックは珍しいです。

痛みの少ない機器とはいえ、看護師さんの施術も丁寧で、毎回痛みを気遣いながら施術を進めてくれるので安心感がすごい🌤

わたしもこの機器で全顔ハイフしましたが、口周りを少し痛いとしても、それ以外の箇所はほとんど痛くありませんでした。

銀座よしえクリニックで行っているハイフシャワーなら、日焼け肌に関係なく効果をしっかり実感できます。

初回お試しプランもあるので、頬などの細かい部位だけ照射することもできますし、どの面を見ても良心的なクリニック🌼

ここのクリニックはいろんな肌質に強いハイフクリニックなので、肌トラブルが心配な人はぜひ相談してみてください😊

医師が照射してくれるから日焼け肌でも安心「聖心美容クリニック」

精神美容クリニックでのアフターサービスについては、以下のように書かれています👇

24時間緊急サポート

当院で施術を受けられた方には24時間連絡可能“夜間緊急電話番号”をお渡しします。

電話の対応をしてくれるスタッフも、専門知識を持った医療従事者なので安心して相談することができ、イレギュラーなことが起こってもどのように対応したら良いかをすぐに教えてくれます🌼

施術後の診察や薬代も無料なので、肌トラブルがあっても追加料金を気にすることなく過ごせるのも、万が一の備えとして安心ですね💕

また、聖心美容クリニックでのハイフの施術についても以下のように書かれています👇

普通は看護師さんがハイフ施術をするクリニックが多い中、医師が直接ハイフ照射してくれるという珍しいクリニック😲

これなら、カウンセリングで診察してくれた医師に照射してもらうことができるので、肌への負担を考えながら肌荒れを最小限に抑えることができます。

扱っているハイフは「ウルトラセルQ+」なので、先ほど説明したように肌への負担を抑えながら効果をしっかり出すことができるとされています。

「もしものトラブルには備えてくれるクリニックで施術から施術後まで安心して安全にハイフしたい」という人におすすめのクリニックです💕

ハイフするなら紫外線対策は必須

わたし
わたし

これからハイフをするなら、日焼け・紫外線対策はしっかり行いましょう。

すでに日焼けしてしまった人も、これかた以下のような対策をぜひ取り入れて下さい💡

日焼け止め・日傘・帽子などで紫外線カット

一番手軽なのは日焼け止めを塗ることです。

わたしもハイフを受けにいく時には、必ず日焼け止めを持っていきます。

帰りに日焼け止めをにってできるだけ炎症や乾燥を抑えるためです⚡️

季節は関係なく紫外線は降り注いでいるので、年中気をつけましょう。

また、日傘や帽子も有効な紫外線対策です。

春〜夏にかけてハイフをする人は、日焼け止めは必須ですが、できれば日傘や帽子を利用して日焼け対策を行ってください。

季節をずらして日焼けを避ける

紫外線は年中降り注いでいますが、特に強いのは春〜夏です。

春〜夏の季節を避けてハイフするのも良い方法です。

秋(10月くらい)から始められれば、来年の夏にはかなりの理想的なシュッとした小顔に近づくことができます。

日焼けが心配な人は季節を少しずらしてハイフを始めてみてください。

ハイフ中の日焼けはできるだけ避けよう

ハイフを日焼けの関係について詳しく説明してきました。

ハイフ中の日焼けは避けつつ、日焼けしてしまったらすぐにクリニックやサロンに相談してください。

春から夏にかけてハイフしたい人は要注意です⚡️

少しでも参考になれば幸いです😊

では、また〜💕

コメント

タイトルとURLをコピーしました