PR

【ハイフの痛みは効果に比例するの?】痛い部位と痛くない部位の違いも解説!【痛みが少ない機器紹介】

スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています
ハイフの痛み ✔️ハイフ
わたし
わたし

医療用ハイフは痛いとよく聞くけど、実際どれぐらい痛いの?

痛いと言うのは本当なの?

と、気になる人も多いと思います。

私も実際に自分で受けてみるまでは、どれほどの痛みなのかすらよくわかっていませんでした。

そこで今回は、【医療用ハイフは実際痛いのか痛くないのか】【痛いとしたらそれはどこの部位なのか】と言うことについて詳しく説明していきたいと思います😊

この記事は、わたしが実際にハイフを受けた体験談に基づいて書いています✨

元美容ナースの視点からも書いてみました😆

実際のカウンセリングやハイフ施術を受けた体験談に基づいて料金やクリニックの雰囲気、通いやすさなども総合的にまとめているので、クリニック選びに悩んでいる方も参考にしてみてください💡

合わせて読みたい

医療用ハイフは思ったよりも痛くない

わたし
わたし

医療用ハイフは痛いと聞いていたのでドキドキ!

どれぐらい痛いんだろう・・・

わたしはもともとエステサロンでハイフの施術を受けていて、医療用ハイフに切り替えるときは結構ドキドキしました。

実際にビビりながらハイフを実際に受けてみたのですが、

わたし
わたし

え、これくらいの痛みなの?余裕じゃん!!!

って感じでした⚡️

初めて受けたのは湘南美容外科クリニックでのハイフだったのですが、エステサロンとほとんど変わらない痛みなのにも関わらず効果がすごくて、ものすごく感動しました。

エステサロンは全然痛くない、クリニックでの医療用ハイフはかなり痛いという噂を耳にしていましたが、個人的な感想をいうと、「どちらもほとんど変わらないな。」とさえ思いました。

豆知識
豆知識

最近の医療レーザーは旧来の機器と比べても痛みがマイルドになるように改良されているようで、それが大きな要因だと言えます。

もちろんパワーの強さから言うと、医療用ハイフの方が痛いといえますが、ものすごい痛みならまだしも、多少の違いしかないのなら、少し痛くても効果がしっかり出るクリニックでの施術がいいと思ってクリニックに通うようになり、今に至ります。

とはいえ、先ほども書きましたが、痛みを心配している人ほど「この程度なの?」と拍子抜けすると思います😂

ただ、痛みを感じやすい部位があるのは確かなことで、その部位だけ心構えしておけば難なくらくらくクリアできると感じました💡

一瞬ピリッとする部分はありますが、本当に一瞬のことで、ずーっと痛みが施術中に続くわけではないので心構えだけで十分です😊

わたし
わたし

痛みを感じやすい部位は以下の章でまとめていきますね🌷

また回数を重ねるごとに、その一瞬ピリッと感じる痛みさえも慣れてくるので、痛みはどんどん減っていきました。

とにかく、痛みについてはそこまで心配することはないです。

豆知識
豆知識

看護師さんに言えばレーザーの出力を調整してもらうこともできるのと、痛みに気を遣って施術を進めてくれることがほとんどなので、安心して相談してみてね😆

合わせて読みたい

痛い部位はどこ?

わたし
わたし

思ったより痛くないとはいっても、部位によっては結構痛い部位もあるのは事実です・・・

ハイフをして痛みを感じやすい部位

  • 口周り
  • 目元

目元や口元は、動く部分でもあるので皮膚が薄く作られています💡

なので、皮膚が薄い分、痛みを感じやすくなる傾向に👇

口周りは少し痛い

顔の施術はほとんど痛くないのですが、口周りはピリッときました。

痛い場合はレーザーの出力を下げてもらえるので看護師さんに言ってみてください。

口周りには歯があるので、【アイスを食べた時のようなキーンとした痛み】を感じます。

ただ感じるのは一瞬。

豆知識
豆知識

歯の上に近づくにつれてピリッとする痛みがあるよ💡

目元も少し痛い

目元は皮膚が薄いため、ここもピリッと痛いです。

目元は歯とは関係ないので表現が難しいですが、デコピンされた時の一瞬の痛みに近い?かな?と思います😂笑

豆知識
豆知識

でも部位的には狭いので、あっという間に施術も終わるよ💡

目元は顔の印象を変える部位でもあって、わたしはやってよかったと感じました🌷

合わせて読みたい

医療用ハイフで最小限に痛みを減らす方法

わたし
わたし

いろいろなクリニックでハイフをしてみてわかった、医療用ハイフで最小限に痛みを減らす方法について紹介していきます💡

感じ方には個人差がありますが、少しでも参考になればと思います💡

痛みが少ない機器を選ぶ

わたし
わたし

機器によってレーザー照射の深さや超音波の波長が違うので、クリニック選びには導入している機器を絶対にチェックしておきましょう💡

医療用ハイフは、今までの経験からいうと「ソノクイーン」が一番痛くなかったです。

ソノクイーンの機器の特徴としても、痛みの軽減に成功しているハイフの最新機器で人気のようです。

レーザーの照射もSMAS筋という筋膜まで照射できるので効果も◎!

豆知識
豆知識

またハイフ業界のメニューではよく聞く、「ウルトラリフト」と言う機器も痛みが少ないです。

ソノクイーンと同様に筋膜照射まで可能です。

わたし
わたし

ただ、クリニックによっては多少の金額の差や照射できる部位が異なるので、料金の比較などは以下の記事で参考にしてみてね🌷

合わせて読みたい

クリーム麻酔や笑気麻酔を利用する

湘南美容クリニック待合室で掲示されていました!
わたし
わたし

クリニックでの施術の強みは、麻酔を利用できることです。

麻酔といっても、注射ではないので、安心です。

ただ、完全に痛みを「ゼロ」にすることは難しいですが、ハイフに対する不安感が薄くなったり、痛みを感じにくくする効果があります。

ハイフで使う際の麻酔の種類は大きく分けて3つあります👇

  1. クリーム麻酔
  2. 笑気麻酔
  3. 貼るタイプの麻酔

それぞれカウンセリングの時に確認したほうが良さそうだなぁと思うことは、クリニックによって扱っている麻酔が違うのと、麻酔は有料になってくると言うことです!

麻酔を使うことで痛みを抑えられるのであれば使った方がいいのかなぁと思いますが、基本的には出力を細かく設定することで痛み対策を行なっているみたいなので使用する人はほとんどいないそうです。

豆知識
豆知識

不安な人は、医師や看護師さんに相談してみてくださいね😊

合わせて読みたい

ハイフは痛い方が効果的なの?

わたし
わたし

痛い方が効果的なのかと思っていたんだけど、ハイフの機器によって違うって知ってた?!

ハイフは痛い方が効果が高いと思っている人が多いのではないでしょうか?

実際エステサロンのハイフよりはクリニックの医療用ハイフの方がパワーが強いので痛くて、でも効果が高いというメリットがあります。

豆知識
豆知識

ただ、医療用ハイフの中でも痛みの緩和に成功している機器もありますし、痛みと効果の関係性はハイフの機器によっていろいろなんです。

例えば、先ほど紹介したソノクイーンは専用のカートリッジを使うことで熱をスパっと狙った箇所に確実に照射してくれるので痛みが少ない機器です。

でもこのソノクイーンの機器も、専用のカートリッジでの熱の伝わり方が他の機器と違うだけで、効果の持続時間や効果も、しっかりと感じることができます。

豆知識
豆知識

痛ければ痛い方がいいと言うわけでは決してないので、痛みが苦手な人は機器を選びつつ、麻酔等を使って痛みを抑えながらハイフしてみてくださいね!

痛みを抑えてハイフすることはできる!

わたし
わたし

今回紹介したように痛みが改良されている機器を導入しているクリニックを選んだり、麻酔を併用することで、痛みを抑えてハイフすることは十分可能です💡

不安な人は無料カウンセリングの時に相談すればいろいろ教えてくれると思うので、なんでも質問してみましょう😊

参考になれば嬉しいです✨

では、また〜💕

プロフィール

ぱみ
ぱみ
ぱみブログです。
美容医療が大好きな看護師です。
今は美容カウンセラー。
自分が気になる施術を調べて体験して記事を書いています。
みなさんの参考になるように更新していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました